INFORMATION

古アパート・文化住宅もグリーンが積極的に買取ります!【大阪市東成区】

現在、大阪市東成区・生野区・城東区周辺エリアの不動産買取りを強化中です!!

再建築不可不動産・収益物件・低稼働不動産・1棟アパート・雑居ビル・オフィスビル・投資用戸建不動産・テナントビル・居住用不動産・区分マンションなど

お困りの不動産がございましたら今すぐ!弊社までお電話くださいませ(^^)

皆さま、おはようございます!!株式会社グリーンです!!

大阪・兵庫・奈良・京都エリアを中心に買取・売却相談を受け付けております!

ご相談は経験豊富な弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ!!

もちろん不動産売却に関する査定・お見積もり無料です◎

 

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

★本日のコラム★

重要事項説明書に必ず記載がある「建ぺい率・容積率」

どのような事を意味しているのでしょうか。

今回は「建ぺい率・容積率」の意味・計算方法についてお話したいと思います!

 

そもそも建蔽率と容積率は住宅環境を守るために定められた決まりで、

住宅専用の土地ほど制限が厳しく、商業地ほど緩和されるのが特徴です。

 

まず建蔽率とは、敷地内に適当な空地を確保することによって、採光・通風・隣家への延焼防止を図ります。

「敷地面積に対する建築面積の割合」を意味し、分かりやすく言えば、「敷地の何%を建物用に使えるか」を定めた数値です。

【計算方法】

建蔽率%=建物面積÷敷地面積×100

用途地域ごとに30~80%の範囲で制限が決められています。

 

容積率とは、地域の過密化を防ぐためや、防火対策、風通し、日当たりの確保、景観を守るという役割だけでなく、人口をコントロールすることで、快適な住環境を守る役割があります。

「敷地面積に対する床面積の割合」を意味し、分かりやすく言えば、「敷地に対してどれくらいの空間を使えるか」を定めた数値です。

【計算方法】

容積率%=延べ床面積÷敷地面積×100

住宅の場合、用途地域ごとに50~500%の範囲で制限が決められています。

 

家を建てようと検討されている方は、建築できる建物が制限されますので、必ず確認するようにしましょう!

 

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

不動産取引に関して、秘密厳守をお約束致します◎

お急ぎで不動産売却をご検討の皆様!

今すぐにお問合せくださいませ♪

 

オトクに収益物件を売れる!買える!株式会社グリーンです! (green-corp.co.jp)

 

古アパート買取専門店

※当社規定により買取が出来ない場合がございます。
予めご了承下さい。

記事一覧を見る

まずはお気軽にお電話ください年中無休24時間